健康 毛深い

毛深い人におすすめの自己脱毛方法はこれ♪でも確実に綺麗になりたいなら…

投稿日:2019年1月8日 更新日:

「毛深くて嫌になる…」
「自己脱毛したいけどやり方がわからない…」
「家庭用脱毛器ってぶっちゃけどうなの…??」
「脱毛にお金をかけたくない…」

そんなことで悩んでいる毛深い人は多いはず!!

この記事ではそんな方々のために「毛深い人のためのおすすめ自己脱毛方法」を紹介します。

プロに任せるその前に、まずは自己処理でツルツルを目指しましょう♪

毛深い人に家庭用脱毛機を使用した自己脱毛は効果があるのか?

結論、

効果はありますが、効果は薄いです

「脱毛」に関してはプロに任せるのが一番です。

毛が薄い人なら効果は大きいですが、毛深い人となると肌トラブルも心配になってきます…

しかし、

「脱毛サロン、医療脱毛に通うのが怖い…」
「面倒くさいから家で脱毛したい!!」
「お金がかかるのが辛い…」

そういう声もあるのは事実。

そんな人のためにこれから、

・実際の家庭用脱毛器の使い方
・メリットとデメリット

ここら辺を紹介していきます。

具体的な体験談も交えて紹介していきますね♪

家庭用脱毛器は「ケノン」か「ラビィ」の二択です

商品名 ケノン ラヴィ(lavie)
値段 69,800円 39,800円
脱毛方法 フラッシュ脱毛 フラッシュ脱毛
脱毛部位 全身+顔+Vライン 全身+顔+Vライン
保証 1年間 1年間
本体タイプ 分離型 分離型

簡易表にまとめるとこんな感じです。

・脱毛効果が高い
・美肌作用もある
・何より実績数が多い

ということでケノンかラヴィの二択になりますね。

口コミや体験談を見ても上記2機種が圧倒的に多かったです。
中でもケノンが一番!!
実績数ならケノン、お安く始めたいならラヴィって感じです♪

家庭用脱毛器の具体的な使い方

簡単に手順を説明すると、

1. シェーバーやカミソリ等で毛を剃っておく
2. 家庭用脱毛器で光を照射する
3. 化粧水やボディクリームを使用して保湿する

こんな感じです。

脱毛器を体に照射する際に、肌に傷があると肌荒れなどのリスクが高まります。

最初の剃毛は気をつけて行いましょう。

毛深い人の剃毛方法は下記記事にまとめているので参考にしていただければと思います。

参考記事

また、脱毛器照射後の肌はかなり敏感になっています。

特に毛深い人は開いている毛穴が多いので、肌荒れになりやすいです。

参考記事

脱毛後は保湿クリームや化粧水を使用して、たっぷり保湿しましょう♪

処理後のお手入れはとっても大切なのです♪

自己脱毛(家庭用脱毛器)のメリット・デメリット!!やっぱりプロに任せた方がいいよね…

自己脱毛のメリット・デメリットを実際に自己脱毛経験者にアンケートをとってみました。

やはりプロに任せた方が良さそうですね…

自己脱毛のメリット

実際の口コミを抜粋すると、

  • 好きな時間に手軽にできる
  • 強さを自分で調節できる
  • 安く済ますことができる
  • 毛量が減った気がする
  • 毛穴が目立たなくなる
  • 毛抜きよりも良い

こんな感じでした。

まとめると、

好きな時間に手軽にできて、効果も実感している

と、実際に脱毛効果を感じた口コミもたくさんありました。

好きな時間にささっとできるのは面倒臭がりの人には良いかもしれませんね♪

最初は効果を感じないものの、使い続けることによって、徐々に次に生えてくる毛が細くなるようです。

それに従って毛穴も目立たなくなっていくみたい。

使い続けることでしっかりと脱毛効果を感じている口コミもあります。

ケノンは10年以上前に購入したものでもまだ使用できるという報告も♪
(もちろんカートリッジの交換費用はかかります。)

自己脱毛のデメリット

実際の口コミを抜粋すると、

  • エステや医療機関でやるよりも効果が薄い
  • やらなくなると生えてくる
  • 機械の値段が高い
  • 機械が熱くなるので一度にできない
  • 照射後の処置を失敗して肌荒れした
  • 肌荒れの対処方法がわからなくて肌が荒れた
  • 皮膚科の診察料がかかった
  • 痛い

こんな感じです。

まとめると

肌荒れのリスクや機械の値段、利用方法が難しい

ということで、とってもリスクが高いように感じます。

特に避けたいのが肌荒れ。

・自己処理によって角質層にダメージ
・肌のバリア機能が低下
・肌が乾燥して肌荒れ

こんな悪循環だけは避けたいですね。

肌荒れして皮膚科に通うようになっては、追加コストがかかってきてしまいます。

また、肌荒れではありませんが埋もれ毛(埋没毛)が発生して毛嚢炎になったという口コミもありました。

毛深い人は毛嚢炎になりやすいのです。
参考記事

このようなトラブルを自己解決するのは大変です。
やはりプロにお任せした方が良さそうですね…。

トータルで考えるとエステサロンや医療機関の方が安く済みそうです…
しかも自己脱毛だとやめるとまた生えてきてしまいます…

毛深い人が家庭用脱毛器で自己脱毛するのはなし!

ムダ毛処理の一つの手段としてはありです。

ただし、毛深い人にとっては、

・脱毛するのにむちゃくちゃ時間がかかる
・毛穴が多い分、肌荒れが激しい
・トータルコストが高くつく

など、デメリットがとってもいっぱいあります。

つまり、

毛深い人には自己脱毛は向いていない

と結論づけられます。

やはりプロに任せるのが一番仕上がりも綺麗です

特にデメリットとして挙げられるのが肌荒れです。

「綺麗になりたいからと自分の裁量で高頻度で照射する」
「照射漏れが気になって何度も同じところに照射してしまう」

そんなことをやっていると、肌荒れどころか肌に傷をつけてしまい、大変なことになります。

そして肌荒れでテンションが下がり、ストレスになってしまうことも…。

ストレスは毛深いことに関して大敵です。

参考記事

さらに毛深さが進行して、悪循環になってしまいます。

やはりプロに任せた方が個人的には良いと思いますね♪

本気で綺麗な肌を手に入れたいのであれば脱毛がおすすめ

本気で綺麗な肌を手に入れたいのであれば、脱毛がおすすめです。

でも脱毛って高いんでしょ?
多少のトラブルはあっても自己処理のがコスパよくない?

と思う方もいるはずです。

しかし、脱毛した方が、

・圧倒的にコストが安くて済む
・毛穴が引き締まる
・肌がめちゃくちゃ綺麗になる

など、メリットがたくさんあるんです。

毛深さも解消して、さらに肌が綺麗になるなんて、最高です♪

毛深いのが気になるのであれば脱毛サロンにまずは行ってみよう

毛深いのを気にして悩んでいるだけでは、何の解決にもなりません。

自己処理だけでは物足りなくなったら、プロに任せましょう。

最初から医療脱毛でレーザー治療をすることに抵抗がある人は、脱毛サロンがピッタリです。

脱毛サロンは医療機関ではないので、レーザー治療のように毛の根元から脱毛することはできません。

ですが、光脱毛という光を照射することで脱毛していく安全な脱毛方法です。

料金の面でもキャンペーンなどを上手に使えば安上がりになりますし、処理後の保湿ケアもお任せできるので安心です。

参考記事

デメリットは通う回数が多いことと、予約がとりにくい脱毛サロンもあること。

続けるためには、最初のサロン選びの段階が重要ですね。

通いやすく予約が取りやすい脱毛サロンを見つけて、毛深い悩みから解放されましょう。

個人的には、比較的予約の取りやすい、ストラッシュキレイモがおすすめです。

本気なら医療脱毛も検討しよう

医療脱毛を考えましょう。

1回でも医療脱毛を経験した人は、医療脱毛が脱毛には一番の方法だと納得する場合が多いです。

脱毛サロンと比べて通う回数はかなり少なく、最近は料金面でもいろいろ便宜を図ってくれるクリニックも多くなっています。

痛い、ということで敬遠しがちだった脱毛医療機器も、改良され痛くないレベルのものもあります。

体質や遺伝で諦めるのではなく、医療脱毛の永久脱毛を利用することで毛深さから脱出できる可能性もでてきます。

最初の無料カウンセリングを利用して、いろいろ相談や質問ができるのもうれしいところ。

クリニックによって違いがあるので、脱毛サロンの時と同じで医療脱毛を考える時も自分に合ったクリニック選びをしてくださいね。

参考記事

自己脱毛よりもプロに任せて綺麗な肌を手に入れよう♪

毛深いことが気になるのであれば、まずは今回紹介した家庭用脱毛器を使った自己脱毛方法を実践しても良いでしょう。

しかし、結論、効果を実感するのはかなり厳しいです。

従って、脱毛サロンや医療脱毛など、プロの力を借りるというのも一つの手です。

悩んでいるだけでなく、行動することがとても重要です。

ツルツルの肌を手に入れて、楽しい人生を送りましょう♪

「毛深い」とお悩みの方はまずこちらの記事を呼んでください!!

参考記事

上記記事に毛深い理由からその対策方法まで、

「毛深い」ということに関する全てを綺麗にまとめました。

随時更新してブラッシュアップしていく予定なので、お気に入り or ブックマーク必須です。

毛深いことに悩んでいる人にもぜひ拡散してあげてくださいね♪

-健康, 毛深い,

Copyright© Self Action , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.