健康 毛深い

毛深い女性は必読!!体毛が濃い人の原因と対策を赤裸々に解説するよ♪

投稿日:

「毛深いことが辛い…」
「毛深くて嫌がられている気がする…」
「この毛深さをどうしたら良いのかわからない…」

「毛深い」ということに悩んでいる方はとても多いでしょう。

そしてそんな毛深い悩みを持っているからこそ、この記事にたどり着いたはずです。

先に断言しておくと、

毛深いことは改善できます。

ただし、完全にツルツルにするにはお金がかかるのは事実です。

そこでこの記事では、

自分ができる「毛深い」ことに対しての対策方法をまとめています。

毛深い理由からその対策まで、体験談も含めて赤裸々に解説していきます。

「毛深い」ということを悩んでいる人が少しでも良い方向に向かうよう、解説していきますね。

そもそもあなたは「毛深い」のだろうか?

この記事を読んでいる人に問いたいこと…

そもそもあなたは毛深いですか?

自分が勝手に悩んでいるだけであって、他の人から見るとそこまで毛深くない…なんてことも。

もちろん自分自身ではその判断はできません。

まずは、なんでも話せる家族や、友人に聞いてみてはいかがでしょうか?

もし管理人でもよければ、「問い合わせフォーム」から連絡いただければ全然相談に乗りますよ♪

また、毛深いと思っている方は、下記記事をぜひ参考までに読んでいただければと思います。

参考記事毛深いことが嫌だったあの頃の私へ伝えたいこと

今まで毛深いことで悩み、どんなことを対策していたのかを赤裸々に書いてある記事です。

それでも、自分が毛深いと悩んでいるのであれば「毛深い」ということ。

これからそんな人の特徴や、その基準を紹介していきます。

毛深い人の特徴は?

実は毛深い人って性格がとても良いという特徴があります。

・懐が深くて愛情深い
・さっぱりとした性格
・仏様みたいに穏やか

などですね。

一方で、

・臆病、引っ込み思案である

ということも。

毛深いということをコンプレックスに感じて物静かで臆病な性格の方もいるようです。

毛深い人の基準って?

ではそんな毛深いということの「基準」って一体なんなのでしょうか?

ここには、

・自分目線の基準
・他人目線の基準

この2つが隠れています。

そして、性別や年齢によってもその考え方は様々です。

指標としては、

・自分目線で毛深いと思っているなら毛深い
・周りに「毛深い」と指摘されたなら毛深い

この2つのどちらかなら「毛深い」と判断する感じですね。

参考までに、年齢や性別ごとに毛深いの基準をまとめた記事を作成しました。

参考記事毛深い基準とは?女性、男性など、条件別に徹底解説!!

毛深くなってしまう原因は?

毛深くなってしまう原因は本当にたくさんあります。

大きくいうと

・内的要因
・外的要因

の2つに分けることができます。

それらの要因を細かくまとめるとこんな感じです。

【毛深い原因になりうる因子】

○内的要因

「遺伝子、優性遺伝」、「性格」、「敏感肌」、「老化」、「年齢」、「病気」

○外的要因
「ストレス」 、「食べ物」、「自己処理方法」、「メイク」、「ギプス」、「FAGAの薬」、「プロペシア」、「プロテイン」、「pcos」、「プエラリア」、「5アルファリダクターゼ」

これらを1個1個の原因を確実に潰すことができれば、毛深いということとおさらばできます。

ですが、

難しいのが現実です。

特に内的要因は改善することができないので対処のしようがありません。

年齢など自然の流れに逆らえませんからね…。

参考記事20代で毛深い人、その理由と対策は!?

また急に毛深くなったのであれば、多嚢胞性卵巣や、多毛症などの病気の可能性もあります。
急激な毛深さを感じたのであれば、一度医師に相談してみると良いでしょう。

参考記事毛深いことは病気なのか?条件別に徹底解説!!

この中で、自分ですぐに対策できるのは外的要因の中でも、

・食べ物
・自己処理方法
・ストレス

この辺ですね。

まずはこの辺りから取り組んで見ると良いでしょう。

毛深くなるのはホルモンが関係している!?

毛深いことの内的要因というのは、簡単に話すとホルモンが1番の原因となってきます。

毛深いということはホルモンバランスが崩れているという一つの信号でもあります。

そこに生理不順や不妊などの要因が隠れていることも…。

毛深いことに働くのが男性ホルモンです。
(アンドロゲンというやつですね)

女性であればもちろん普段は女性ホルモンが多い状態です。

それがなんらかの原因で減少したりすると、男性ホルモン優位の状態に。

その結果毛深くなってしまうということもあります。

ホルモン治療の一環として、ピルを用いた治療法もあります。

ピルを飲むことで硬毛化した毛や多毛症によって増加した毛が薄くなったという報告もあるくらいです。

もちろん自己判断ではなく、医師の判断を仰ぎながら服用しましょう。

また、妊娠することでエストロゲン、プロゲステロンなど、様々な女性ホルモンが影響し毛深くなることも。

毛深いとこんなデメリットが…

さて、毛深いということに対する原因はわかったところで、

一体どんなデメリットがあるのか?

ここら辺を紹介していきます。

・露出の多い服を着ることができない
・友人、恋人、家族に引かれてしまう
・太りやすい
・ニキビ、毛嚢炎ができやすくなる
・ワキガになりやすい
・清潔感の面でマイナス

こんな感じですね。。。

毛深いというだけでこれだけのデメリットがあります。

おそらく感じている人も多い内容なのではないでしょうか?

露出の多い服装(半ズボン、スカート、ワンピース、ノースリーブ、Vネック)ができないのかなり辛いですね…。

身近な人に引かれてしまうのも辛いところ。
(というか、そんなことで引く時点で本当に信頼すべき相手なのか少し考えてしまうところですが…)

また間違った自己処理方法によってニキビや毛嚢炎など、肌トラブルにつながることも…

毛深いとメリットもあるの?いや…

それでは毛深いということがメリットになったという事案はあるのでしょうか?

・毛深いとモテた
・かっこいい
・頭がいい

メリットとしてはこんな感じです。

かっこいいは男性には嬉しいですが、女性だとちょっと…て感じですね。

毛深いということが好きな人というのももちろんいます。

いわゆる毛深いフェチというやつでしょうか?

ありのままを受け入れてくれる人って素晴らしいと思います。

頭が良い人に毛深い人が多い傾向があるみたいですね。

また毛深いということは機能面として、

・外部から素肌や器官を守る
・毒素の排出

という利点もあります。

ただ、現代の人間の体においては体毛がそこまでの役割を担っているとは考えにくいですが…。

まとめると、

毛深いということはそこまでメリットがない

という感じですね。

毛深くなりやすい部位

毛深くなりやすい部位っていうのは実際にあるのか、そこらへんも調査してみました。

【毛深くなりやすい部位】

「背中」、「腕」、「もみあげ」、「うなじ」、「指」、「額」、「足」、「手の甲」、「VIO」

当たり前ではありますが、

毛の薄い人でも多少は毛が生えている部位

そんなところに顕著に毛深さが現れますね。

また、自分ではなかなか見えない「首の後ろ」(いわゆるうなじ)も毛深さが出やすい部位の一つです。

誰かに避けられている気がする…
知り合いに背後を取られた時になんか静かになった…
急に態度が変わった…

そんな時は自分がケアを怠っているところを見られた可能性もありますね。

参考記事首の後ろが毛深い…どうすれば良いのか教えます

毛深いことに対しての対策方法

毛深いからといって自己処理をするのはいいことです。

しかしその自己処理方法はあっているのしょうか?

ここでは体験談も交えて毛深い方が実際に行なっている自己処理方法を紹介していきたいと思います。

除毛

除毛クリームは一番綺麗に見えて、簡単な方法です。

デメリットとしては、

・肌がピリピリする
・すぐに生えてきてしまう
・お金がずっとかかる

こんな感じですね。

特に長い間で見ると金銭面の影響は大きいです。

剃毛

剃毛もとっても手軽な方法です。

種類としては、

・カミソリ
・電気シェーバー
・バリカン

メリットは、

・とにかく簡単

というところ。

デメリットは

・すぐに生えてくる
・コストがかかる(カミソリの場合)
・肌を傷つける
・剃れない場所がある

こんな感じです。

剃れない場所は他の人にお願いするか、自分で頑張って剃るしかないので結構大変。

先ほどいった首の後ろ(うなじ)の毛なんかも剃りにくい箇所の1つですね。

抑毛

抑毛は聞いたことも少ない方が多いかもしれません。

毛の成長を抑制する成分を利用して、毛を成長させずに細くするというものです。

塗り続けることで次第に薄くなり、綺麗になっていくというもの。

・肌への刺激が少ない
・自然な感じで綺麗になっていく

などメリットもありますが、

・塗り続けなければ生えてくる
・コストが高い

などのデメリットも。

脱毛

脱毛するというのは「毛を根こそぎ取る」ということでとっても効果が出ます。

種類もいろいろあって

・脱毛クリーム
・脱毛器
・脱毛サロン
・医療用脱毛

ここでおすすめしないのが脱毛クリームと脱毛器です。

なぜなら、

・肌を傷つける
・根本的な解決にならない

この2点です。

毛を少なくすることに挑戦したいならまず脱毛サロンから通うのがおすすめです。

本気で脱毛したいのであれば、医療脱毛ですね。

毛深い人は一度脱毛サロンに相談してみよう

毛深い人にまずおすすめしたいのが脱毛サロンです。

その中でもキレイモストラッシュなど、全身脱毛通い放題の脱毛サロンがおすすめですね。
(個人的にはミ○ゼは推しておりません。)

理由は、部分脱毛だと他の部位も気になって、最終的に高くなってしまいます。

また脱毛することで、肌のトーンも明るくなります。

お得なキャンペーンを利用することで、低価格に抑えることもできます。

予約をとりやすいサロンや通いやすいサロンを選びます。

個人的には予約の取りやすいストラッシュキレイモがおすすめです。

保湿ケアや美容ケアもやってもらえる脱毛サロン。

通うのが楽しみになったら、ツルツル美肌も夢じゃなくなりますよ♪

ツルツルなりたい!本気なら医療脱毛がおすすめです

脱毛効果に絞ってみると、本気で脱毛したい方にピッタリなのは医療脱毛です。

脱毛サロンの光脱毛は、1回あたりの脱毛効果は少なく繰り返し脱毛することが必要。

それに対して医療脱毛は、1回あたりの脱毛効果は高く永久脱毛できるのは医療脱毛だけ、といわれています。

本気で毛深い悩みを治したいなら、医療脱毛がおすすめです!

ただし、デメリットもあります。

使っている脱毛機によっては、肌トラブルのリスクや痛みがある場合もあるのです。

とはいっても、医師の監督下の元での施術なので、トラブルの場合の対処も安心です。

ツルツル効果を重視するなら医療脱毛がおすすめです。

参考記事アリシアクリニックの口コミ、評判の真実…

毛深いことに悩んでいるのであれば、一度脱毛を検討しよう♪

一番やってはいけないのは、

悩んでいるだけで、何も行動しないこと。

何も脱毛しようと無理に勧誘しているわけではありません。

ただ毛深いという問題は、時が解決してくれるものではないのです。

まずはカウンセリングだけでも受けてみると、新たな価値観が生まれて良い刺激になることでしょう。

-健康, 毛深い,

Copyright© Self Action , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.