健康 毛深い

毛深い人は剃毛方法を気をつけろ!!「確実に」綺麗になる方法はこちら

投稿日:2019年1月7日 更新日:

「毛深いけど、どうやって毛を剃ればいいの?」
「この剃り方合ってるのかな?」
「間違った剃り方で肌が荒れているきが…」

剃毛(ていもう)に関して、このような悩みをお持ちの方も多いでしょう。

※剃毛…毛を剃ること

そこでこの記事では、

毛深い人の剃毛方法を紹介

していきます。

実際に毛深い人が実践しているポイントもまとめて紹介していきますね。

剃毛するために必要なもの

剃毛とは毛を剃るということです。

つまり、

毛を剃れるもの使えば「剃毛」になるわけです。

・電気シェーバー
・カミソリ
・バリカン

したがってこれらが剃毛するための器具になります。

選び方としては、

・敏感肌で、深ぞりに弱い…電気シェーバー
・しっかり綺麗に剃毛したい…カミソリ

こんな感じで選ぶといいでしょう。

初心者の方は電気シェーバーから入ると安心です。

カミソリのおすすめは「Schick イントゥイション」です♪

毛深い人必見!!具体的なおすすめ剃毛のやり方

実際に毛深い女性に剃毛方法をご教示いただいたので、紹介します。

・カミソリ
・電気シェーバー

この2パターンを紹介していきますね♪

カミソリでの剃毛方法

カミソリで剃毛する手順は、

1. 剃りたい部分をしっかり洗う
2. 剃る
3. 保湿する

こんな感じです。

細かく解説していきます♪

1.剃りたい部分をしっかり洗う

剃毛したい部分を清潔にしておくことがポイントです。

雑菌が剃毛して肌に侵入すると大変ですからね…。

また、しっかり洗うことで、刃が滑りやすくなります。

肌が乾燥していて剃りにくそうと感じたら、事前に保湿クリームを塗っておくのもおすすめです

2. 剃る

剃るときは肌を傷つけないようにすることがポイントです。

そのためにも、器具を剃りたい部分の角度に合わせて丁寧に剃毛しましょう。

剃った後は剃り残しがないかしっかりと確認することがポイントです。

一度で全部剃り切ろうと思うと、肌を傷つけてしまうことがあります。

したがって、泡がついているところの「泡がなくなるまでとりあえず剃る」ということを心がけましょう。

初心者の方は、先ほど紹介した「Schick イントゥイション」がおすすめです。

こちらは本体に刃とソープが一緒についているので、ボディソープなしでそのまま剃れます。

めちゃくちゃ楽ちんですよ♪

3. 保湿する

剃毛後は肌が敏感になっています。

したがってしっかりと保湿することが重要です。

油分がなくなると、肌が乾燥して、無防備な状態になってしまいますからね…。

特に毛深い女性人気の保湿クリームが「ユースキン」です。

一度塗ると長時間しっかりとしっとり保湿できます。

昔ながらの甘いかおりがします♪

保湿に関しては抑毛効果のある保湿クリームを使っても良いかもしれません。

電気シェーバーでの剃毛方法

電気シェーバーで剃毛する手順もカミソリとほぼ同じで、

1. 剃りたい部分をしっかり洗う
2. 剃る
3. 保湿する

こんな感じです。

ただし、防水でない場合、保管や使用場所に注意が必要です。

お高くなりますが、個人的には防水の電気シェーバーがおすすめです。

カミソリと同様の剃毛方法となるので詳細は割愛しますが、気をつけるべきポイントは、

・強く電気シェーバーを当てない
・防水機能がないものは水場で処理を行わない
・処理後は電気シェーバーの掃除をこまめにする
・保湿をたっぷりと行う

こんな感じです。

カミソリと違って電気シェーバーは電化製品です。

したがってお手入れが大変なのも事実。

カミソリと比較してコストは安くすみますが、お手入れの点を考えると、カミソリの方が楽ですね。

深く剃れないというのもデメリットかも…

毛深い人が剃毛するのはぶっちゃけありなのか?

ムダ毛処理の一つの手段としてはありです。

ただし、毛深い人にとっては、

・剃毛するのにむちゃくちゃ時間がかかる
・毛穴が多い分、肌荒れが激しい
・頻度が多くて大変
・剃り残しがどうしても多くなる

など、デメリットがとってもいっぱいあります。

つまり、

毛深い人には剃毛は向いていない

と結論づけられます。

お手入れが大変だと辛いですからね…

特にデメリットとして挙げられるのが肌荒れです。

「綺麗に剃りたいから力を入れて深く剃る」
「剃り残しが気になってなんども同じところを剃ってしまう」

そんなことをやっていると、肌荒れどころか肌に傷をつけてしまい、大変なことになります。

そして剃り残しや肌荒れでテンションが下がり、ストレスになってしまうことも…。

ストレスは毛深いことに関して大敵です。

参考記事

さらに毛深さが進行して、悪循環になってしまいます。

やはりプロに任せた方が個人的には良いと思いますね♪

本気で綺麗な肌を手に入れたいのであれば脱毛がおすすめ

本気で綺麗な肌を手に入れたいのであれば、脱毛がおすすめです。

でも脱毛って高いんでしょ?
多少のトラブルはあっても自己処理のがコスパよくない?

と思う方もいるはずです。

しかし、脱毛した方が、

・圧倒的にコストが安くて済む
・毛穴が引き締まる
・肌がめちゃくちゃ綺麗になる

など、メリットがたくさんあるんです。

毛深いのが気になるのであれば脱毛サロンにまずは行ってみよう

毛深いのを気にして悩んでいるだけでは、何の解決にもなりません。

自己処理だけでは物足りなくなったら、プロに任せましょう。

最初から医療脱毛でレーザー治療をすることに抵抗がある人は、脱毛サロンがピッタリです。

脱毛サロンは医療機関ではないので、レーザー治療のように毛の根元から脱毛することはできません。

ですが、光脱毛という光を照射することで脱毛していく安全な脱毛方法です。

料金の面でもキャンペーンなどを上手に使えば安上がりになりますし、処理後の保湿ケアもお任せできるので安心です。

参考記事

デメリットは通う回数が多いことと、予約がとりにくい脱毛サロンもあること。

続けるためには、最初のサロン選びの段階が重要ですね。

通いやすく予約が取りやすい脱毛サロンを見つけて、毛深い悩みから解放されましょう。

個人的には、比較的予約の取りやすい、ストラッシュキレイモがおすすめです。

本気なら医療脱毛も検討しよう

医療脱毛を考えましょう。

1回でも医療脱毛を経験した人は、医療脱毛が脱毛には一番の方法だと納得する場合が多いです。

脱毛サロンと比べて通う回数はかなり少なく、最近は料金面でもいろいろ便宜を図ってくれるクリニックも多くなっています。

痛い、ということで敬遠しがちだった脱毛医療機器も、改良され痛くないレベルのものもあります。

体質や遺伝で諦めるのではなく、医療脱毛の永久脱毛を利用することで毛深さから脱出できる可能性もでてきます。

最初の無料カウンセリングを利用して、いろいろ相談や質問ができるのもうれしいところ。

クリニックによって違いがあるので、脱毛サロンの時と同じで医療脱毛を考える時も自分に合ったクリニック選びをしてくださいね。

参考記事

毛深い人はまずは剃毛、その後は…

毛深いことが気になるのであれば、まずは今回紹介した剃毛方法を実践してみましょう。

それでも厳しいと思うようであれば、脱毛サロンや医療脱毛など、プロの力を借りるというのも一つの手です。

悩んでいるだけでなく、行動することがとても重要です。

ツルツルの肌を手に入れて、楽しい人生を送りましょう♪

「毛深い」とお悩みの方はまずこちらの記事を呼んでください!!

参考記事

上記記事に毛深い理由からその対策方法まで、

「毛深い」ということに関する全てを綺麗にまとめました。

随時更新してブラッシュアップしていく予定なので、お気に入り or ブックマーク必須です。

毛深いことに悩んでいる人にもぜひ拡散してあげてくださいね♪

-健康, 毛深い,

Copyright© Self Action , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.