健康 毛深い

妊娠で毛深くなる理由はホルモンバランスの乱れ!!解決策はこれしかない

妊娠したらお腹の毛が毛深くなった、なんてこともあります。

ですが、妊娠がわかると、脱毛は一切禁止です。

妊娠で女性ホルモンがマックスに分泌されて、肌も体も変化するので脱毛ができなくなるのです。

「このまま毛深いままなら、どうしよう。」

思い悩むことはありません。

出産すれば、女性ホルモンは一気に減少して元に戻ります。

妊娠期はホルモンの一大変化の時期です。

毛深い対処は、妊娠前、産後が重要!!

妊娠で毛深くなるのはホルモンが原因です

女性のホルモンバランスが崩れる時期は、思春期、妊娠期、更年期の3つ。

なかでも、妊娠期は通常の何倍もの変化がホルモンに起こります。

女性ホルモンがマックスで分泌される時期です。

このホルモンの変化に体中にはいろいろな変化が・・・。

だるい、やたらと眠い、臭いに敏感になる、肌荒れやニキビができる、こんな症状のなかに毛深くなる、というのもあります。

毛深くなるのは、女性ホルモンのなかでも妊娠に関わるホルモン、プロゲステロン(黄体ホルモン)が多量に分泌されて、そのホルモンバランスの崩れで男性ホルモンが優位になるから。

しかし、出産すると、一気に女性ホルモンは減少します。

増えるのも減るのも急激なので、妊娠期はホルモンバランスがこの上なく崩れる時期です。

ですが、妊娠で毛深くなっても、出産すると元に戻るのもホルモンバランスのおかげです。

妊娠のストレスでさらに毛深くなることも…

2種類ある女性ホルモンのうち、妊娠で増えるのは黄体ホルモン(プロゲステロン)。

黄体ホルモンが増えてホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが優位になります。

男性ホルモンが優位になると毛深くなることも多く、妊娠中に毛深くなることは多いです。

さらに、妊娠中は、精神的肉体的変化に気持ちがついていかなくてストレスが多くなりがち。

肉体的には体重の増加や体型の変化、体の不調、精神的には出産に向けての不安やプレッシャーなど。

ストレスは、さらにホルモンバランスに影響を与えて安定した男性ホルモンが優位になって毛深さが進行しがち。

とはいっても、妊娠中に起こった変化は、出産してホルモンバランスが戻れば次第に元に戻ります。

妊娠で毛深くなっても、元の薄さに戻ります。

比率としては少ないですが、毛深い人が妊娠中ツルツルになるケースも。

そういう人は、出産すると元の毛深さに戻ります。

ホルモンの影響は体に影響が出やすいです

妊娠中はサプリなどホルモン治療などは完全にNGです

妊娠中で気になる、といえば、サプリを飲んでいいのか、ということ。

つわりや体調不良で、ともすると栄養不足になりがちな妊娠中は、足りない栄養素をサプリで補いたくなります。

葉酸やビタミン類、カルシウム、鉄分など、足りないのでは?

と心配してしまうと、食事だけでは不安になる人も多いはず。

ですが、妊娠中のサプリの摂取については、自己判断で摂取することは止めた方がいい、というのが趨勢。

妊娠中のサプリ摂取が胎児や母体に与える影響、というのは、実際に妊婦さんに協力してもらって臨床試験をすることができないので不明、というのが、その理由です。

どうしても不安なら、かかりつけの医者や病院の管理栄養士に相談してから摂取するようにしましょう。

ホルモン治療についてはお休みして妊娠・出産を優先すべき、といわれています。

治療を止めると生理も通常に戻ってきます。

葉酸サプリとか流行っているけど、適当に飲むのはよくないです

毛深くなったからといって、自己処理もダメ

マタニティーフォトなんか見ても、妊婦さんのお腹はツルツル。

なのに、自分のお腹を見ると毛がボーボー、なんてことになると、すぐカミソリや毛抜きで自己処理したくなってしまいますよね。

妊娠中に毛深くなるのは、ホルモンバランスが崩れるから。

それも出産までの辛抱で、だいたいは出産後、ホルモンバランスが戻るにつれて元の薄い状態に戻ります。

妊娠中は肌も体も変化します。

カミソリや毛抜きで自己処理して傷をつけるようなことがあると、なかなか治らなかったり、肌荒れになりがち。

お腹が大きくなると、自己処理をするのも大変です。

妊娠中でも自己処理で安全なものは電動シェーバーです。

ワキや腕の毛ぐらいは、たまに軽くそってもいいですね。

剃った後の保湿ケアは普段以上に丁寧に。

ただし、お腹が大きくなる妊娠後期は赤ちゃんや母体の健康を第一に、出産まではボーボーでも我慢しましょう。

脱毛サロンに相談してみるのは一つの手

相談はすべきですが、妊活はじめ〜妊娠2ヶ月くらいを目安に考えましょう。

妊娠中、お腹まわりが毛深いことに気がついたら脱毛したくなりますね。

ですが、脱毛サロンでは、妊娠の報告を受けた時点で脱毛は休止することがほとんどです。

妊娠すると脱毛ができないのは、肌や体が変化するから。

肌荒れしやすくなり、同じ体勢は負担をかけることになって、ニオイや痛みにも敏感になります。

また、ホルモン上では、妊娠すると増える黄体ホルモン(プロゲステロン)の濃度によって、メラニンの生成が活発になることがわかっています。

体毛の色が濃くなったり、突然、毛が生えて毛深くなることもあって脱毛の効果が感じられないということもあります。

ただし、妊娠が分かる前にした脱毛で胎児に影響がでることはないので、ご心配なく。

妊娠を計画している場合、脱毛サロンに相談することは休会期間と再開条件です。

店舗によってはコース内容によって違う場合もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

妊娠前に通うのであれば、脱毛サロンの中でも、ストラッシュキレイモはおすすめ。

ストラッシュは月々7,000円台から通えてしまうのでお財布に優しいです♪

本気で解消するなら医療脱毛も検討しよう

医療脱毛も脱毛できるのは、妊活はじめ〜妊娠2ヶ月くらいまでですね。

脱毛サロンと同じく、医療クリニックでも妊娠が報告されると脱毛はお休みするのが、ほとんどです。

医療脱毛でしかできない永久脱毛をしたら、妊娠中、ホルモンバランスが乱れても毛深くならないか、は気になるところ。

永久脱毛といっても永久に毛が生えてこない、ということはなく、正しくは毛の再生を高確率で抑えられる、ということです。

妊娠中のホルモンバランスの急激な変化で、毛深くなるケースもあります。

とはいっても、医療脱毛をしているクリニックの良さは、出産後のメンテナンスや脱毛再開時期に医学的に相談ができるところ。

婦人科で体調も診察してもらいながら、脱毛を再開できる時期を相談できるのは心強いです。

休会期限も、施術部位に関わらず無期限や5年など長期に設定してくれているクリニックが多いのもうれしいポイントです。

とはいっても、理想的な永久脱毛は、妊娠前、あるいは結婚前に永久脱毛を終わらせておくことです。

個人的には全顔通い放題プランのある、アリシアクリニックがおすすめです。

ツルツルなお母さんで赤ちゃんを迎えよう

妊娠中も出産後も授乳後も、できれば、ツルツルでいたいですよね。

そのためには、理想をいえば、結婚前や妊娠前に医療脱毛で永久脱毛を終わらせておくこと。

お腹まわりに仮に毛が生えても、ボーボーにならずに妊娠中も快適に過ごせる確率は高いです。

結婚前から妊娠を予想して脱毛サロンや医療脱毛の計画を立てて、妊娠中、出産後、授乳中もツルツルお母さんを目指しましょう。

「毛深い」とお悩みの方はまずこちらの記事を呼んでください!!

参考記事

上記記事に毛深い理由からその対策方法まで、

「毛深い」ということに関する全てを綺麗にまとめました。

随時更新してブラッシュアップしていく予定なので、お気に入り or ブックマーク必須です。

毛深いことに悩んでいる人にもぜひ拡散してあげてくださいね♪

-健康, 毛深い,

Copyright© Self Action , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.