健康 毛深い

毛深いこととワキガはどれくらい関係があるの?対策も含めて紹介

投稿日:

「毛深いとワキガってマジ!?」

毛深い人が必ずワキガになるとは限らないけれど、毛深い人ほどワキガの臭いが強くなるのは本当

ワキに毛が密集していると、通気性が悪くなって汗も乾きにくくなって雑菌が繁殖。

もともとのワキガの臭いプラス雑菌で臭いが強くなります。

とはいっても、ワキガは本来、フェロモンの臭いともいわれ、欧米人の80~100%がワキガだといわれています。

そんなワキガは、無臭民族の日本では嫌われもの。

ワキガと毛深いこととの関係を探ってみました。

毛深いこととワキガは関係あるのか?

ワキガの、あの臭いの元は、アポクリン汗腺というワキの下にある分泌腺です。

アポクリン汗腺から出る汗は、タンパク質や脂質などが混ざったドロっとした汗。

この汗が、皮膚に棲む常在菌と混ざり合ってワキガ臭になります。

いまでは嫌われ者のアポクリン汗腺ですが、臭いで相手を判別していた古代では、味方を見つけたり、魅力のある異性をみつけたりする大切な臭いの元でした。

人間にはアポクリン汗腺の他に、さらさらした汗の元、エクリン汗腺があります。

このエクリン汗腺が発達するにつれてアポクリン汗腺はワキや耳の中、乳輪、陰部など体の一部だけになってきました。

このアポクリン汗腺、毛根に多くあるので、毛深い人ほど汗がまとわりつく毛に細菌が増殖するので臭いが強くなってきます。

ワキガに毛深いが重なると、臭いも強烈に。

ワキガが他の民族よりも少ない日本(約10%程度)では、イヤな臭い、異臭のように思われます。

ただ、ワキガは体質です。

アポクリン汗腺が多いという体質なので、アポクリン汗腺が活発にならなければワキガ臭に悩まされることも少なくなります。

毛深さが原因でワキガのような臭いにっている場合も…

ワキガはアポクリン汗腺が多いという体質なので、ワキガ臭が強くなる原因があります。

その一つが、毛深いこと。

ワキに毛が密集していると、毛に汗がからみついて乾きにくく蒸れたりするので雑菌が繁殖しやすくなります。

また、ワキ毛が臭いを発散させている、ともいわれています。

まずは、ワキ汗を頻繁に拭いて清潔にすること。

アポクリン汗腺が活発になるような、食事、運動、睡眠の良くない生活習慣は改めることも必要です。

そして、やっぱりワキ毛は毛深くならないよう、気をつけることが大切ですね。

毛深い&ワキガに悩んでいる人はいます…【体験談】

日本人は清潔好きで臭いに敏感な民族です。

ワキガ体質の人も10%というぐらい低い数字です。

ワキガが悩みでクリニックに行く人でも、7割ぐらいはワキガではないようです。

・手術をした人
・対症療法で治した人

いろいろな人がいます。

【悩み①】
私はワキガですが、手術をして完治した人、逆に再発した人、お話を聞かせてほしいです。

手術をせずに、デオドラント商品で臭いを抑えている方も多いです。

ですが、手術をした方は

「しばらくは外出もできず痛かったけれど、臭いから解放された幸せの方がはるかに大きかった」

といううれしいレスもあります。

【悩み②】
ワキを手術して治したけれど、今度はすそワキガとチチガが気になるようになって結婚さえ前向きになれません。

すそワキガは陰部のワキガ、チチガは乳輪のワキガ。

ワキは手術できても陰部や乳輪はできないので、悩みが深刻になります。

陰部や乳輪のワキガについては、まず婦人科を受診することをおすすめ。

他の病気がないか、診察してもらいます。

脱毛することも対策の一つ。

「ニオイに触れずあなたと真剣に向き合う男性は本物」

というレスも参考に。

【悩み③】
ワキガの手術を受けて臭いは減りましたが、それでも臭いです。
最近は、学校も休みがちになりました。

的確なレスとしては、再度、医療機関に行って相談すること。

悩みが深刻な時は、とにかく医療機関に相談してスッキリしましょう。

ワキガな人のおすすめケア方法

ワキガも悩みに応じてケアの仕方が違ってきます。

まず知っていてほしいのが、ワキガは体質であること。

体質である以上、

・汗をかいたらすぐに拭き取る
・汗パッドを利用する
・生活習慣に気をつける

という基本的なことはしっかり押さえておきましょう。

その上で、第一のおすすめケアは、デオドラント商品。

たくさんでているので、口コミなどを参考にお試しするといいですね。

衣類はできるだけ綿100%のものを。

消臭下着というのもあります。

第二のおすすめケアは、ワキ毛の脱毛。

毛深いと汗を十分、拭き取りにくいですし、雑菌が繁殖しやすく臭いが強くなる可能性もあります。

第三は、悩みが深刻なら医療機関でまず検査してもらうこと。

日本人のワキガ体質の人は約10%と少数派。

ワキガでない場合も多いです。

根本的な治療方法は、アポクリン汗腺をとる手術。

医者とじっくり相談して決めることが大切です。

ワキガはエステサロンから相談してみると良いかも

ワキガで医療機関に行くことに抵抗がある人は、エステサロンの無料カウンセリングを利用して相談してみてはいかがですか。

エステサロンというと脱毛ですね。

ワキガが脱毛することで良くなるのかどうか、気になります。

ワキガの臭いの元になっているアポクリン汗腺からの汗は、ワキ毛にからみついて雑菌が増殖して臭いが強くなります。

ワキ毛が減ると臭いが軽減する効果は得られますが、もともとのアポクリン汗腺の量や活性化の程度でワキガへの影響が違ってきます。

つまり完全なワキガ改善は見込めないということを頭に入れておきましょう。

また、ワキガの人が思いがちなのが、

「ワキガなのにエステサロンで脱毛してもらえるんだろうか…?」

というところ。

結論、ワキガだからといってエステサロンで施術を受けられない、ということはありません。

ワキ毛の脱毛は、どのエステサロンでも安価で回数無制限という店舗もあります。

また、すそワキガもあるデリケートゾーンと一緒に組み合わせる脱毛もあります。

個人的には、比較的予約の取りやすい、ストラッシュキレイモがおすすめです。

ただし、エステサロンではワキガの臭いが完全にはなくなりません。

完全に臭いをなくすには、アポクリン汗腺を切り取る医療行為が必要です。

参考記事

ワキガを本気で解消するなら医療機関に相談してみよう

ワキガが深刻な悩みになっているなら、おすすめは医療機関に行くこと。

まず、自分が本当にワキガかどうかを判断してもらいましょう。

医療機関を訪ねる人でも7割の人がワキガではない、といわれています。

ワキガという診断がでたら、無料カウンセリングで、ワキガの状態や希望に応じて適切な医療方法を相談します。

アポクリン汗腺を取り除くことが、ワキガを根治する手術です。

皮下のアポクリン汗腺を確認しながら受ける直視下法と、器械を使って行う非直視下法があります。

手術を受けると傷跡が残る、といわれるのが、直視下法。

再発しやすい、といわれるのが非直視下法。

アポクリン汗腺を完全に切り取れるのが直視下法。

傷口が少なくすむのが非直視下法。

それぞれメリット、デメリットがあるので、ゆっくり医療機関で相談しましょう。

ワキガから解放された生活を♪

ワキガの悩みは人それぞれ。

全く気にしない人から、人生の一大事のような深刻な悩みになっている人もいます。

ワキガの臭いもいろいろです。

まわりの人全員が不快になるぐらいの臭いは、日本人はそれほど多くはないです。

ですが、とりあえず、ワキガの臭いが気になったら、ワキ毛の脱毛も考えてみましょう。

気になるワキガの悩みから解放されたいなら、手術を受けることも考えましょう。

「毛深い」とお悩みの方はまずこちらの記事を呼んでください!!

参考記事

上記記事に毛深い理由からその対策方法まで、

「毛深い」ということに関する全てを綺麗にまとめました。

随時更新してブラッシュアップしていく予定なので、お気に入り or ブックマーク必須です。

毛深いことに悩んでいる人にもぜひ拡散してあげてくださいね♪

-健康, 毛深い,

Copyright© Self Action , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.