健康 毛深い

毛深いことと遺伝はどれくらい関係があるの?対策も含めて紹介

投稿日:

「両親が毛深くないのに、どうして私だけ毛深いの?」

毛深い悩みの一つに、こんなこともありますよね。

最近の研究によると、毛深いのは親からの遺伝、もしくは祖父母からの遺伝の影響が大きいことがほぼ判明しています。

おじいちゃん、おばあちゃんが毛深かったかどうかまで調べなくちゃ。

姉妹なのに違う場合もありますよね。

毛深いのは、遺伝の影響が大きいけれど個人差も大きいらしいです。

遺伝なのか、と納得して(諦めて?)終わりにするのではなく対策も考えましょうね。

毛深いことと遺伝は関係あるのか?

毛深いのが遺伝によるものか、それとも遺伝じゃないのか、はとても大切な問題。

遺伝なら納得できるし、諦めもつくし、永久脱毛を考えていくきっかけになることも。

遺伝以外が原因なら、改善する方法は、いくつでもありそう。

遺伝かどうか、は、まず、両親から祖父母まで遡って毛深いかどうかを調べます。

赤ちゃんの時は胎毛に覆われているので毛深くても、普通は成長につれて薄くなっていきます。

就学時前や小学校時代から毛深いと、遺伝によるものである可能性が高いです。

ある時から急に毛深くなった、という場合は、遺伝の可能性は少ないです。

不規則な生活習慣やストレスでホルモンバランスが崩れていたり、卵巣の病気などの原因が考えられます。

参考記事

毛深いことと優性遺伝、劣性遺伝

優性遺伝とか劣性遺伝とか、普段、簡単に言っていますが、実は、学校で習った「メンデルの法則」によるものなんですよ。

メンデルはエンドウ豆を使った長年の実験で規則性を見つけて、「優性(優劣)の法則」といわれています。

優性遺伝とは優秀な遺伝子、劣性遺伝は劣った遺伝子、ということではありません。

より特徴や性質として現れやすいのが優性、現れにくいのが劣性ということです。

毛深いのは、残念ながら現れやすい特徴で優性といわれています。

体毛は皮膚を保護する役割なので、生きていくためには毛深い方が有利、というのも関係しているのかもしれませんね。

ただ、優性といっても、必ず現れるものではなく現れない場合もあります。

姉妹でも毛深い人と毛深くない人もいますよね。

毛深いのは優性遺伝だけど、祖父母や、それ以前の遺伝も関わってくるので、個人差が大きくなるようです。

毛深いことは親の遺伝子が関係してる?

私が毛深いのは親のせいなの?

そう思いたいけれど、両親は毛深くない、なんてこともあります。

こんな場合、いわれるのが突然変異?

遺伝子はそう簡単には変異しません。

毛深いのは優性遺伝だからといって、子供が必ず毛深くなる、ということではありません。

両親の遺伝子の組み合わせは、気が遠くなるほどあるもの。

優性が強くでる場合もあれば、それほどでもない場合もあるし、全然でない場合もあります。

両親が毛深くないといっても、毛深い特徴が表面にでていないだけで、代々、毛深くなる遺伝子は引き継がれていくので子供が毛深くなることもあるのです。

毛深い原因が遺伝なら、祖父母や、それ以前の世代まで遡ってみると毛深い人がいるはず。

毛深いことは隔世遺伝なのか?

両親が毛深くないのに子供が毛深い場合、祖父母が毛深くて遺伝した、ということもあります。

これが、隔世遺伝です。

遺伝には優性遺伝と劣性遺伝があって、形質が現れやすいのが優性で現れにくいのが劣性です。

劣性といっても遺伝子はしっかり遺伝していて、優性遺伝による形質に隠されているだけ。

両親には表面に現れなかったけれど子供の代に現れてくることが、隔世遺伝です。

毛深いのは優性遺伝といわれているので子供にも遺伝しやすいですが、DNAの組み合わせは膨大な数があって、そのなかで体毛に関する遺伝も優性と劣性があって、という具合にかなり複雑。

兄弟でも似ていない、親子でも似ていない、という時は、祖父母からの遺伝、隔世遺伝が考えられます。

毛深いことを遺伝させない方法はある?

親が毛深いことで悩むと子供には絶対、遺伝させたくない、と思いますよね。

救いの一つは、毛深いのは優性遺伝で遺伝しやすいけれど個体差も大きい、ということ。

子供が2人いたら1人は毛深くない場合もある、ということです。

ですが、一番、いい方法はといえば、配偶者に毛深くない人を選ぶこと。

DNAの組み合わせは考えられないほど多くて、DNAの鎖一つ一つに肌の色の遺伝子や髪の遺伝子など細かい組み合わせがあります。

祖父母、また、それ以前からの世代の隔世遺伝もあって、どんな遺伝子がからんでくるかもわからないのが、遺伝の不思議さ。

取りあえず、毛深いことを遺伝させない最高の方法は、毛深くない配偶者を探すこと、これに尽きますね。

毛深い人は脱毛サロンから試してみよう

毛深い原因が遺伝だとすると、毛深くない人よりも毛が生えてくるスピードは早いですし、ケアは毛深くない人よりも頻繁になります。

遺伝が原因での自己処理は、本当に大変です。

頻繁になると、皮膚へのダメージが蓄積していく恐れもでてきます。

遺伝が原因で毛深い人は、プロに任せるのが、一番、安全な方法です。

最初にプロに任せるなら、脱毛サロンがおすすめ

医療脱毛のようにレーザーで脱毛していくのではなく、光を照射して脱毛していくので通う回数は多くなりますが、安全で安心なのは脱毛サロンです。

脱毛した後も冷却、保湿もエステなみにやってもらえるので安心してお任せできます。

キャンペーンをやっている回数も多いので、上手に利用すると思っていたよりも安く脱毛できます。

参考記事

行きやすく予約しやすいサロン選びには時間をかけます。

個人的には、比較的予約の取りやすい、ストラッシュキレイモがおすすめです。

本気で解消するなら医療脱毛がおすすめ

毛深いのが遺伝だとしても、諦める必要はありません。

本気で毛深いことからおさらばしたいなら、医療脱毛がおすすめです。

脱毛で一番、効果が期待できるのは医療脱毛です。

レーザーで毛根から対処してもらえるから。

レーザーは痛い、というイメージがありますが、痛くない脱毛機を常備しているクリニックもあります。

脱毛機は濃い毛の方がよく反応するので、遺伝で剛毛の人ほど効果が大きいです。

最初の無料カウンセリングの時に、レーザーのお試しをしてもらえるクリニックもあります。

脱毛サロンより通う回数は少ないですし、クリニックごとに設定された価格もバラツキがあります。

自分に合うクリニックさえ慎重に選べば、医療脱毛の永久脱毛でツルツルスベスベの肌も夢でなくなります。

参考記事

「毛深い」とお悩みの方はまずこちらの記事を呼んでください!!

参考記事

上記記事に毛深い理由からその対策方法まで、

「毛深い」ということに関する全てを綺麗にまとめました。

随時更新してブラッシュアップしていく予定なので、お気に入り or ブックマーク必須です。

毛深いことに悩んでいる人にもぜひ拡散してあげてくださいね♪

-健康, 毛深い,

Copyright© Self Action , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.