ストレートネック 健康

痺れ、痛みを感じ、寝違えたものだと思ったらストレートネックだったという体験談

投稿日:

皆さんはストレートネックの症状というのをご存知でしょうか?
普段生活していて特に症状がないので気づかないままいつも通り過ごしていたら、ある日突然急に痛みや痺れに襲われたり、ひどい時には体が動かなくなってしまうなど、様々な症状がいきなり現れることが多いようです。

ストレートネックの症状は本当に突然起こるので、そんな症状が現れる前にストレートネックを予防したり、ストレートネックを緩和することが日々重要となってきます。

とはいうものの自分やその周りの人たちがそんな症状に襲われない限り、自分の身近なものとして捉えることもなかなか難しいと思うので、今日はそんな突然ストレートネックの症状に襲われた方の体験談を紹介していきたいと思います。

実はこの体験者は僕の身近な友人なのですが、先ほど話した通り、突然ストレートネックの症状に襲われたとのことです。
当日は会社に行けないほどの症状が出てしまったので、ストレートネックなんて…と思っている方は是非一度この体験談を読んでいただければと思います。

【公式ページ】
ストレートネック対応枕「ネックフィット枕」

突然襲われたストレートネックの症状にめちゃくちゃ焦りました【27歳 男性 会社員】

それは普段と何も変わらない平日の朝に起こりました。

いつも通り会社に行くためにセットした目覚ましに起こされた私は目覚ましを止めるべく眠気眼で起きて目覚ましを止めようとしたのですが、その時体に電気が走りました。
最初は寝違えただけかと思ったのですが、痛いというよりかは痺れを感じ、何か動くたびに体に電流が走るのです。
そして首を左右に振ろうとすると痛みで動かすことができないほどでした。

社会人になってまだそこまで期間も立っておらず、実家暮らしだったためにどう対処したらいいかわからず痛みと戦いながら親に連絡したところ、「とりあえず整骨院に行ってみてもらいなさい」ということだったので、痛みと戦いながら近くの整骨院に向かいました。
もちろんこのまま会社に行くのは困難だと思ったので会社には「首を痛めて動くことすら大変なので今日は病院に行って1日休みをもらいたい」ということを伝えて会社を休みました。

その後なんとか整骨院にたどり着き、痛みは引かないまま診察してもらったのですが、「一度お医者さんに診てもらってレントゲンなどをとってしっかり診てもらってから来てください。」と言われたため、再びこの状態のまま紹介された整形外科まで向かいました。このやり取りの間はまさに地獄でしたね…

その後整形外科でレントゲンを撮ってもらい、「ストレートネック」という診断を受けたのち整骨院に向かいました。整形外科での治療も可能だということでしたが、長期間通わないとなかなか改善が難しいと言われたので湿布と痛み止めの薬をもらって、その後にとりあえずこの症状だけでも治めたいという気持ちがあったので再び整骨院で診てもらうことにしました。
ストレートネックとしっかり診断されたことで整骨院で「ゴキゴキ」と施術をしてもらうことができ、そのおかげで症状が治りました。(湿布や痛み止めの薬が効いたことも痛みや痺れが治った要因だと思います。)

それ以来症状自体は治りましたが、それ以降仕事で首ばかりが疲れるようになってしまったので、結構辛い思いをしています。
普段の姿勢をこまめに気をつけたり、ストレッチなどをたまにやったりしているのですがなかなか続かないので、何かいい方法がないのかを模索中です。

【公式ページ】
ストレートネック対応枕「ネックフィット枕」

【管理人の一言】

ストレートネックの症状が突然出たということで本当に辛い思いをしていたようです。
ただ症状が治まってからは特に対処などもせず普段通り生活しているということで、いつ症状が出てもおかしくない状態だとは思います。
体験者本人が言っている通り、人間続けるというのがなかなか苦手な生き物なので、ストレッチをやらなければならない、姿勢を気をつけなければならないと言われてもなかなか続かないのが現実です。痛みや痺れなどの症状が出ていれば治そうと努力するのですが、症状が出ていないのに治すというのはなかなか難しいものです。

寝ている間に改善、予防が可能なストレートネック対策枕がオススメ!!

ストレートネックは普段の生活環境で発症する病気なので、普段の姿勢を気をつけるだけでも予防することが可能です。しかし昔から染みついている癖というのはなかなか治すことは難しく、特に今の時代スマホやPCに依存した生活をしている方はどうしても首に負担のかかる姿勢になりがちでストレートネックになってしまう方も多いと思います。
そこでおすすめなのが、寝ながらストレートネック対策ができる枕を使用することです。

ストレートネック対策枕を使用して寝ることで寝ている間に自然な首の形へと矯正することでストレートネックを改善したり、予防したりすることが可能なのです。

ストレートネック対策におすすめの枕は「ネックフィット枕」です。

スマートフォンのためのグッズを開発、販売している会社「APP BANK STORE」× あしたるんるんとのコラボで作られたスマホヘビーユーザーの方に特化したストレートネック対応枕が開発されました!
頭部分にはパイプ、首部分にはウレタンフォームと異なる中材を使用することで、頭を包み込みながらしっかり首をサポートすることで首への負担を軽減します。そして優しく包み込みながらストレートネックの原因として考えられる首の生理的なカーブが失われた状態を寝ながら優しくストレッチすることができるのです。
さらには首の突起ウレタンがまるでマッサージをされているかのような感覚を得られ、リラックスした睡眠ができるのがとても魅力的です。もちろん人によって首の高さや長さ、体格や眠りの姿勢、歪みなどが全く違うので、首の部分のソフトパイプの量を調整することによってここの首の高さに合わせた睡眠時に最適な首の体勢を作ることが可能となっています。

側地は吸水速乾性に優れた生地を採用しているため、洗濯をしても乾きが早く、定期的に洗濯することで常に清潔に使うことが可能です。

こちらの枕、なんと海外ではなく日本の工場で生産されており、日本人のことを考えた安全な品質の枕となっているので本当におすすめです。
個人向けに使用されているだけではなく、実際にカイロプラフティック院でも多数採用されている本格的なストレートネック対応枕となっているので、その信頼度はとても高いといっても過言ではないでしょう。
自分のために購入することはもちろんのこと、友人や家族、恋人などへのプレゼントにもおすすめなので、一度購入を検討してみるのもいいと思いますよ!

公式サイト >>> ストレートネック対応枕「ネックフィット枕」

ストレートネックおすすめ枕ランキングはこちら

実は今現在も先ほど紹介した友人は下記のようにストレートネックの症状自体は無くなったもののストレートネックは治っておりません。

普通の首だと首が自然なカーブを描くのですが、彼の場合ほぼまっすぐの首となっていて、体よりも前に頭が出ているということがこの写真でわかっていただけるかと思います。
普通の体であれば横を向いた時に上半身の上にしっかりと頭が乗って体全体で頭を支えるようなバランスが取れているのですが、このように頭が前に出てしまっていると首で頭の重みを支えなければならず、結果として首に負担がかかるようになってしまうのです。
そんな彼に今度このネックフィット枕をプレゼントしてどのように変化して行くのかを紹介していきたいと思いますので、乞うご期待ください!

最後に

ということで今回は突然ストレートネックの症状に襲われて症状自体は緩和したものの、ストレートネック自体は治っていない僕の友人の体験談を紹介させていただきました。
まずは自分自身やご家族、友人か僕の友人のようにストレートネックになっていないかを確認して、一度使用してみることをお勧めします。また普段からスマホやPCに携わることが多い方はこのようなストレートネックになる前に予防のためにストレートネック対策枕を使用することもお勧めです。

【公式ページ】
ストレートネック対応枕「ネックフィット枕」

ストレートネックおすすめ枕ランキングはこちら

-ストレートネック, 健康

Copyright© Self Action , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.