便秘 健康

赤ちゃん、乳児の便秘に効くオススメの食べ物

投稿日:2017年8月4日 更新日:

人間であれば誰でも経験したことがあろう便秘問題ですが、成人ならともかく、赤ちゃんにも便秘というのは起こるもので、その子の親であれば心配になることでしょう。

今日はそんな赤ちゃん、乳児の便秘解消のためにオススメの食べ物を紹介していきたいと思います。

公式サイト>>>カイテキオリゴ

赤ちゃんの便秘はどれくらいから起きるのか?

赤ちゃんの便秘は実は生まれてからいつでも起こりうると考えた方がいいでしょう。
ただ整腸段階においてそれぞれ原因が全く違うので、今回は整腸段階別にその原因を紹介していきたいと思います。

生後4ヶ月ぐらいまでは腸の発達の個人差が影響

この段階ではまだまだ生まれたてということで、腸が正常に機能していない赤ちゃんも多いかと思います。
そうなるとその腸のペースでとなるので毎日出る赤ちゃんもいれば数日に一回程度しか出ない赤ちゃんなど個人差が多くなるので、便秘にそこまで過敏に反応しなくてもいいと思います。

また生後4ヶ月までの時期は母乳で育てる方が多いと思いますが、母乳ではなくミルクで育てる比率を多くしてしまうとミルクの方が消化に時間がかかってしまい、便秘になりやすい傾向があるようです。これは母乳には天然のオリゴ糖が含まれており、このオリゴ糖が腸の働きを助ける作用があるためです。
とはいうものの母乳の量は個人差があって完全に母乳だけでは育てられないという方も多いと思いますので、そういう方は便秘になりにくいミルクも売られているのでそちらを購入したり、天然由来のオリゴ糖をミルクに混ぜて与えてみると効果が期待できるかと思います。

天然由来のオリゴ糖ってどうやって購入すればいいのかわからないし選び方もわからない方もいると思いますが、個人的にオススメなのが、カイテキオリゴというオリゴ糖食品です。
このカイテキオリゴには数種類のオリゴ糖で構成されており、様々な種類の乳酸菌の餌となって多角的に効果を発揮するように設計されたオリゴ糖食品となっており、全て天然由来成分から構成された「食品」なので赤ちゃんや乳児などの小さなお子様も召し上がることが可能です。

僕自身赤ちゃんではないですが、今現在カイテキオリゴを毎日摂取し続けているのですが、数日に1回程度しか出なかったウンチがほぼ毎日出るようになってきております。カチカチだったウンチも水分を含むようになってきて、以前はかなりの確率でお尻が切れていたのですが、その回数もほとんどなくなってきたほどに柔らかくなってきております。
カイテキオリゴ体験記はこちら

成人であれば一日5g程度をヨーグルトに溶かして召し上がると効果的ですが、母乳を飲んでいるようなお子様であれば白湯に0.5g程度溶かして飲むことで次第に効果を実感できるとのことです。

赤ちゃんにも大人にも万人にきく食品となっているので、便秘に悩んでいるという方はお子様と一緒に是非一度お試しいただけたらと思います。

公式サイト>>>カイテキオリゴ

生後5ヶ月以降は離乳食による水分量の不足が影響してくる

生後5ヶ月目以降は母乳、ミルクから離乳食へと変化する時期なので、この食生活の変化が腸の働きに影響を与えてきます。
一番の原因は今まで母乳、ミルクといった液体状のものから徐々に個体状の食べ物に変化することで水分摂取量がガクッと減ってしまうことです。

水分が少なくなることで固形のウンチが出るようになるのですが、圧倒的に水分が少なくなってしまう結果、その回数は劇的に減ることとなります。
回数が減ったからといって一日に一回出ているのであれば安心ですが、数日間出ないとなってくると焦ってきますよね。

そういった時はこまめに水分を与えることで便秘解消に効果が期待できます。

また先ほど紹介したカイテキオリゴをヨーグルトに混ぜて与えることで、より便秘解消に効果を発揮すると思います。
生後5ヶ月以降であれば様子を見ながら一日に1g程度のカイテキオリゴを与えてみてもいいかと思います。

公式サイト>>>カイテキオリゴ

生後9ヶ月以降からはより多彩な食べ物による影響

まだまだ離乳食の時期ではありますが、成長するにつれてより様々なものを食べられるようになってきます。
そういった食べ物の影響によって腸も大忙しで働くようになるので、消化に時間がかかってなかなかウンチが出ないなんてこともあるかと思います。

そんな時も先ほど紹介したように水分をこまめにとりながら乳酸菌を多く含んだヨーグルトなどの食べ物をオリゴ糖と合わせて摂取することで改善していくと思うので、是非一度お試しいただければと思います。

1歳以降はより固形物が増えることによって便秘になりがち

一歳にもなると本当に食べられる食べ物の種類が増え、普通の食事も多少なら取れるようになってくる頃かと思います。

一歳半くらいには完全に離乳食を脱することとなると思うので、ここからはより腸に負担がかかってくる頃になります。
スムーズに普通の食べ物に腸が慣れるためにもこまめな水分補給とヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせで腸内の乳酸菌を活性化させることで便秘になりにくい体へと成長していくことができると思うので、是非一度お試しいただければと思います。

カイテキオリゴを食べさせるのであれば、1歳を過ぎた頃であれば成人の量の半分程度(2~3g程度)を毎日の食事に少しずつ混ぜてあげたり、ヨーグルトと一緒に食べさせてあげると効果的だと思います。

赤ちゃん乳児にはオリゴ糖を普段の食事に混ぜて与えてあげるのがオススメ

水分を摂取したり食物繊維や乳酸菌が多く含まれた食べ物を与える他に、オリゴ糖食品も一緒に与えることでお腹の調子を整えて腸の働きを活性化させることができます。
オリゴ糖は乳酸菌の餌となるものなので、このオリゴ糖が不足すると乳酸菌が存在してもその力を最大限に発揮できないということなんですよね。

乳酸菌には様々な種類が存在し、各乳酸菌ごとに好みのオリゴ糖も分かれるわけです。数種類のオリゴ糖が含まれたオリゴ糖食品というものはなかなかないのですが、そんな数種類のオリゴ糖を含んだオリゴ糖食品が先ほどからちょこちょこ出ているカイテキオリゴというオリゴ糖食品です。
こちらの商品には様々な種類のオリゴ糖が含まれており、乳酸菌に対して多角的にアプローチできるので、普通のオリゴ糖食品よりも乳酸菌を活性化させることができ、お腹の調子を整えて腸の働きを活性化させることに期待できます。

しかも天然由来成分で作られた「食品」となっているので、小さなお子様にも安心して食べていただける商品です。

もちろん成人の方が食べても全く問題ないものなので、便秘にお悩みのお母様もお子様と一緒にこのカイテキオリゴを一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

公式サイト>>>カイテキオリゴ

最後に

ということで今回は赤ちゃん、乳児の便秘にオススメの食べ物を年齢別に紹介させていただきました。

特にカイテキオリゴに関しては管理人自身も実際に試しており、効果を実感できている商品なので、是非一度お試しいただければと思います。

公式サイト>>>カイテキオリゴ

-便秘, 健康

Copyright© Self Action , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.