便秘 健康

【便秘解消】カイテキオリゴは腸閉塞や大腸ガンの予防に効果的なのか?

投稿日:2017年8月29日 更新日:

「あー今日もうんち出なかったな。これで何日めだっけ?…まぁそこまで考えても意味がないしまぁいっか!!」
そんな甘い考えで便秘を放置していませんか?

ちょっと待って下さい!!

日常生活を送る上で誰もが便秘になったことがあると思います。
もちろん単発的な便秘だったらそこまで深刻に考える必要はもちろんないですが、そんな便秘が慢性化することで起こる合併症を皆さんご存知でしょうか?
実はあまり放っとくと取り返しのつかない事態を招くかもしれない可能性があるのです…

管理人も実感したオリゴ糖食品>>>カイテキオリゴ

長期間の便秘は腸閉塞や大腸ガンを誘発する可能性が少なからず存在します。

もちろん便秘が全ての原因というわけではないですが、あくまでその一因になる可能性があると捉えていただければと思います。

管理人のカイテキオリゴ体験記

さて、そこで気になるのが最近話題の「カイテキオリゴはそれらの病気の予防に有効か?」ということですよね?

今日はそこらへんを少し解説していきたいと思います。




カイテキオリゴ 公式ページ

腸がストライキ!?便秘が引き起こす腸閉塞、大腸ガンってどんなもの?

今更ながら何故便を出す必要があるのでしょうか。そもそも便とは何で出来るのか皆さん知っていますか?
便の成分は食べかす、腸粘膜から剥がれた細胞、腸内細菌、水分になります。

何となく食べた物が消化され、便として排出するイメージでしたが、実は腸内の老廃物等も弁には含まれております。つまり排便とは腸内のお掃除の役割を果たしてくれているというわけです。

さてそんなお掃除が滞ってしまった場合、どうなるでしょうか?

お掃除が滞る→体内の老廃物が排出されない+体内に弁がたまる→腸内環境が悪い状態になる

この流れは誰もが容易に想像出来ると思います。
そして腸内環境が悪化したことによって様々な病気を誘発してしまう可能性があるわけですね…。

逆に腸内環境を改善する努力をすることで、これを防ぐことができるというのは頭に入れておきましょう。

便秘が引き起こす腸閉塞(イレウス)とは?

そんな腸内環境の悪化によって誘発される病気の一つに腸閉塞(イレウス)があります。
腸閉塞とは腸の一部が狭くなったり、腸の動きが悪くなることで内容物がつまり、お腹がはって痛みが出たり、吐き気が起きたりする病気です。

普通であれば口から入った空気はオナラとして排出されたり、血液中に吸収されてしまうのですが、それらの機能が十分に発揮されないために空気がお腹たまったり、胃液、懲役などの消化液や消化した時に発生したガスなどがたまってしまい、その結果お腹が張ってきてしまうのです。

腸閉塞の症状は、激しいけいれんや腹痛、お腹の張り、嘔吐などが上げられます。
便秘によってここまでの症状出ることは流石にないと思うので、普通の便秘であればそこまで心配することはないですが、便秘でこのような症状がでている方は早急に病院に行って診察してもらう事をお勧めします。

腸閉塞の一般的な治療は薬物治療+禁食、補液などで改善しますが、原因となるものが腫瘍や異物、腸管のねじれだった場合でその状態に改善が見られない場合は手術する場合もあります。
(人工肛門になってしまう場合もあるらしいですが、そこまで悪化することはまずないと見ていいでしょう)

カイテキオリゴ公式サイト>>>カイテキオリゴ

便秘が引き起こす大腸ガンとは?

次に考えられるのは大腸癌です。「え?便秘から癌になるの?」と驚かれる人も多いと思いますが、便秘は腸内環境の悪化により悪性の腫瘍が出来やすい環境を手助けしてしまいます
余談ですが、大腸癌の症状として血便になることが広く知られていますね?
これは固くなった便がポリープ(癌)に触れた時に出血し、結果的に血便になるのです。

この記事を読んでいる方を怖がらせるのは嫌なので一応説明して起きますと、もちろんこのような病気になるのは稀ですし、ならない方が普通だと思います。

ただ、このように便秘を長い事放置してるとこのような便秘以外の病気を引き起こす可能性も増加してしまうことを頭に入れておいていただければと思います。
ではこのようにならない為にはどうしたらいいのでしょうか?

腸内環境改善は便秘に起因する腸閉塞、大腸ガンの予防に効果的

今回の場合は便秘が原因の腸閉塞、大腸ガンということで、つまりは便秘にならない体づくりをしておけば、「便秘」という要因からこれらの病気になる可能性はなくなるのです。

便秘によって腸内環境が悪化することによってこれらの病気になる可能性があるので、腸内環境を悪化させなければその確率は極めて低くなります

したがって日々の腸内環境改善が腸閉塞、大腸ガンなどの腸に起因する病気の予防につながるわけですね!

腸内環境を改善するために効果的なカイテキオリゴとは?

便秘が原因の病気にならないためにはまずは腸内環境をしっかりと整えることが重要となってきます。

腸内環境を整えるためには体内の善玉菌の量を増やすことが重要になってくるのですが、そこで効果的なのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は腸内の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなって善玉菌を活性化させてその力を最大限に発揮させる効果に期待できます。
つまりは普段からこのオリゴ糖をとることで善玉菌優勢の腸内環境を構築できるようになってくるということで腸内環境から改善することができるということですね。

さて、そんな身体の味方のオリゴ糖なのですが、必要な量を食べ物で摂取するのはとても難しいのが現状です。
市販で売られているオリゴ糖も大部分が人工的に作られた物なので、やはり天然由来のオリゴ糖よりも効果が薄くなってしまう可能性もあります。

そこで個人的にお勧めしたいのが、天然由来のオリゴ糖で作られたオリゴ糖食品「カイテキオリゴ」です。



カイテキオリゴ公式サイト>>>カイテキオリゴ

このカイテキオリゴは天然由来の成分で作られており、添加物もほとんど入っていない体に優しいオリゴ糖食品となっております。添加物などが入っていないため妊婦の方や赤ちゃんも安心して食べることができるようになっているのでオススメです。

さらにこのカイテキオリゴは腸内環境を改善するだけではなく便に水分を含ませることで便を柔らかくする作用にも期待できるため、カチカチのウンチでお尻が切れやすくて悩んでいる方にもお勧めです。

僕自身この「カイテキオリゴ」を毎日食べることによってほぼ毎日スッキリが実感できるようになってきました。
カイテキオリゴ体験記はこちら

皆さんも是非一度お試しいただければと思います。

公式サイト>>>カイテキオリゴ

カイテキオリゴの効果的な食べ方

カイテキオリゴ自身には特に味はなく、軽い甘みを感じる程度なので様々な料理に使えるため、汎用性が高く何にでもあるのも魅力的な点となっております。

ヨーグルトに入れたり甘いスイーツは勿論、ドレッシング等の味付けとしても使えます。
その中でも個人的にオススメな食べ方がヨーグルトに混ぜて食べるということです。
ヨーグルトにはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれているため、そんなヨーグルトとオリゴ糖を合わせて食べることで体内だけでなく、ヨーグルト内に含まれる善玉菌も活性化することができるためにカイテキオリゴの力を最大限に発揮することができるんですよね。

カイテキオリゴを試そうと検討している方は是非一度この方法で摂取していただければと思います。



カイテキオリゴ公式サイト>>>カイテキオリゴ

毎日お通じが来ないからといって便秘だと焦らないようにしよう!!

実は便秘の定義というのは人それぞれなのです。
一般的に毎日排便する事が望ましいとされていますが、人によっては2日一回がベストという事もあるので明確な便秘の定義はないのです。

肝心なのは、自分がどのような間隔で排便してるのかきちんと把握する事です。
先程書いた病気に関してもまず指標となるのは、通常の排便頻度とどのように違うのかが鍵となります。その為、無理に乳製品などの腸によいものを過剰摂取して無理に排出するのはあまり賢い方法とは言えないでしょう。

場合によっては腸内環境を悪化させる事にも繋がりますので、まずは自分自身の通常の状態を知る事が第一となります。
そこで得た情報を元に、食生活改善・運動・水分量調整をする事が大事です。
野菜中心の生活に直したり、軽く散歩したり、こまめに水分を摂る事でかなり改善されると思います。将来の事も考え今から腸内環境を整え、早期病気予防に努めましょう。

最後に

ということで今回は便秘が引き起こす怖い病気ということで、便秘をそのまま放置していると大変なことになるということを紹介させていただきました。
もちろんこのような病気になることは稀なのでそこまで気にする必要はありませんがまずは便秘にならないようにするためにも腸内環境の改善から取り組むことがオススメです。

その中でも個人的に効果を実感しているカイテキオリゴはオススメなので、まだ試してみたことがないという方はぜひ一度試してみていただければと思います。



カイテキオリゴ公式サイト>>>カイテキオリゴ

カイテキオリゴ体験記はこちら

-便秘, 健康

Copyright© Self Action , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.